呼夢叶夢 毎日上機嫌

    Menu

    呼夢叶夢 毎日上機嫌

    てぃんさぐぬ花大会を応援しています

     
    HOME > 時間という財産
     

    おススメ三線

    三線初心者~プロの方まで。カラクイが戻らない滑らない。 オリジナルエレキ三線
    4つの音色が楽しめる三線

    人気ブログランキング

    カラクイ特殊加工エレキ三線

    おススメエレキ三線

    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    YouTube講座

    沖縄の魅力を発信しよう
    YouTubeアフィリエイト講座

    スポンサーリンク

    指笛が出来るようになる動画

    指笛が出来ると何かと便利、楽しくなります。指笛を吹いてみよう!

    女性向け三線

    おススメの三線

    ありがとう愛犬サンバ

    趣味がある暮らし

    ★強化張り本皮三線、女性の方にもおススメ三線 三線選び、三線の購入についてもお気軽にご相談下さいませ。 呼夢三線店 一押しのおススメ三線(初心者から中級者向け三線) 蛇皮が苦手、蛇柄が嫌いという女性向け三線はコチラをお勧めします。

    愛犬物語

    指笛講座

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    11

    Fri

    2015

    続けている趣味が実益に繋がり、その趣味をさらに周りの人を楽しく、楽にするはたらきかた、働きかけくを意識してIT発信していたら新たな可能性が見えてきました。


    私は三線をはじめて7年になりました。三線と同時に始めたことはYouTubeでした。ブログはその以前から続けていました。いつの間にか、私は、自分一人の楽しみから、その楽しさを誰かに伝えることも楽しと感じるようになりました。それは、YouTubeを見ている人たちからの反響、反応があったからです。時代の流れも、いつの間にか、世の中の仕組みが追い風になり、例えば、インターネットの普及、YouTube、スマホの登場によって、誰もが気軽に手軽に沖縄の音色を聴くことができるようなった。誰もが沖縄の小さな魅力から大きな魅力まで手に取るようにわかるようになってきた。


    チャンスだと感じませんか?沖縄のみなさん





    Soy叶夢 上江田武信

    Soy叶夢 上江田武信

    三線がきっかけで楽しいことが、どんどん増えて、私の楽しいと、誰かの楽しいとあの人の楽しいを組み合せるとさらに楽しくなる新たな楽しいの仕組みが生まれる。


    そして、最近、感じていることは発信力が身に付くと、いろいろな方向、方面へ可能性が広がる、新たな可能性という楽しいを感じている皆さんが増えている。

    Soy叶夢 上江田武信

    DSC00677.jpg

    自分の楽しいことが誰かの楽しいにつながる。自分の経験が誰かの貯めになる



    三線+愛


    三線+沖縄移住


    三線+人生の物語


    三線が何かと繋がると新しい楽しさがどんどん生まれています。

    私は、新しい仕組みとして、私が7年間経験したYouTubeとブログ、Webサイト、SNSなどと関連付けて、新しい発信の仕方とそこから生まれる新しい収益が生まれる仕組みを教え始めています。

    T発信講座、合宿のご案内



    私の楽しいと、誰かの楽しい、あの人の楽しいをプラスしていくと新しい楽しいが生まれ叶います。
    今の時代化からこそ、出来る楽しいがどんどん生まれています。

    趣味が実益となり、趣味を実益より遥かに可能性と楽しいが生まれる仕組みについて語ってみました。

    10年前には出来なかった新しい仕組みを、自分のシステムに加えて、どんどんはじめて行こうと思います。

    そんなことを呼夢三線広め隊のメンバーと語った動画です。

    沖縄移住を語る松尾秀樹の沖縄移住のブログ  
     真栄田章良のYouTubeチャンネルも間もなく1000人のファンになります。>>チャンネルはコチラ



    三線三昧のブログを開設しました。自分の情熱というエネルギーに従って人生をワクワクさせる道を歩もうと思う。
    呼夢三線店のブログを開設しました。
    カスタム検索

    趣味が実益になる感覚から趣味がはたらく(傍を楽しくする)感覚

    続けている趣味が実益に繋がり、その趣味をさらに周りの人を楽しく、楽にするはたらきかた、働きかけくを意識してIT発信していたら新たな可能性が見えてきました。私は三線をはじめて7年になりました。三線と同時に始めたことはYouTubeでした。ブログはその以前から続けていました。いつの間にか、私は、自分一人の楽しみから、その楽しさを誰かに伝えることも楽しと感じるようになりました。それは、YouTubeを見ている人たちから...
    : 0   :